スタッフブログ

季節は梅雨に入りましたね。

洗濯物が乾かなかったり、小さなお子さんが家の中で走り回ったりと、毎日大変なお母さんやお父さんに、おおね歯科からお願いがあります。

たとえ忙しくても、どうかお子さんの歯磨きはサポートしてあげてください。

乳歯が大きな虫歯👿になると、永久歯へと生え変わる時に虫歯となった状態で生えてくることがあります。

治療に麻酔が必要になると、お子さんの負担にもなってきます。そうなる前にまずは歯磨きです!

そしてどうしても虫歯になってしまった時は、早いうちの来院をお勧めします。

おおね歯科では、小さなお子さんの治療はゆっくりと時間をかけて練習していきますので、安心して来院してください😊 赤ちゃん連れでも大丈夫です。

また、最近はお子さんの矯正治療にも力が入ってきました。もし歯並びなど不安に思ってることがありましたら、お気軽にご相談ください😊

6/4~6/10まで歯と口の健康週間です!


この週間は、「歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療等を徹底することにより歯の寿命を延ばし、もって国民の健康の保持増進に寄与すること」を目的としています。


そこで今日はお口の中を清潔にすることと感染症予防の関係についてお話します✏


お口の中を清潔にすることは、

インフルエンザや風邪、新型コロナウィルスといった感染症予防重症化予防につながります。


歯磨きをおろそかにしていると、むし歯や歯周病の原因となる菌が増殖してプラーク(歯垢)になります。
このプラークには、気管支炎や肺炎などの発症や重症化にかかわる肺炎球菌やインフルエンザウィルスのほか、重篤な感染症の原因となる様々な細菌がたくさんいます。


これらの細菌はプロテアーゼと呼ばれる酵素を出し、ウィルスが気道の粘膜から細胞に侵入しやすくする特性をもっています。



つまり、お口のなかが不潔な状態を放置しておくとプロテアーゼの量が増え、インフルエンザなどの発症や重症化を招きやすくなるというわけです
😭


このようにお口の中を清潔にすることと体の健康はとても密接に関わっています。


また、5/25の衆議院運営委員会にて西村経済再生担当大臣より
「新しい生活様式の前提として、手洗い うがい マスク とともに歯磨きも非常に重要である」
と発言されていました!👍


歯磨きに不安なことがある方や聞いてみたいことがありましたら、お気軽にスタッフまでお声がけくださいね✨


これからどんどん暑くなります。
お口の中を清潔にして、元気に夏を乗り越えていきましょう😊

おおね歯科の近くに新しいベーグル屋ができました。 早速、くるみパンをがぶり!なかなかいけますよ!その他はスタッフが食べる予定。こっそり食べてしまっても良いのですが。食べ物の恨みは怖いのでやめときます。😁    是非みなさんも、ご賞味あれ!

Philipsの電動歯ブラシ《ソニッケアー》の講習会を受けました!

ソニッケアーは毎分31,000回の高速振動で歯垢を浮かせ、はらい落とすと同時に、口の中の唾液の流れ「音波水流」を発生させる特徴のある音波歯ブラシです。

これによりお口のすみずみまで汚れを落とすことができます!

また、スマートフォンアプリと連動して歯磨きの管理をする事もできるそうです!!

お子さん向けのソニッケアーキッズもあり、日本学校歯科医会の推薦品に認定されています!

ソニッケアーは沢山の種類のブラシがあります。患者様一人ひとりに合わせたブラシをおすすめさせていただきますので、興味のある方はぜひお気軽にお尋ねください✨

1月に院内感染対策に効果的な『グリーンアクア』の講習会をうけました!

グリーンアクアは、低濃度の塩水(純度の高い)を電気分解した環境にやさしい除菌・消臭電解水です。

ウイルス・菌による感染症対策として歯ブラシやおもちゃなど様々な物の除菌や消臭が行えます✨

おおね歯科でも様々な場面に活用しています!

さらに、待合室と診療室に1台ずつ超音波噴霧器を導入しました。これにより院内の空間の除菌・消臭を行っています!

先日、天白消防署で行われた救命講習会に

スタッフが参加してきました!

AEDの取り扱い方や胸骨圧迫(心臓マッサージ)、人工呼吸の実習を行いました。

人工呼吸がためらわれる場合は、絶え間ない胸骨圧迫だけでもしてくださいと救命士さんがおっしゃっていました。

救急隊が到着するまでの間、(名古屋市は救急車が来るまで平均6分らしいです)近くにいる人ができることをすれば助かる確率がグンと上がるとのことです。

定期的にこのような講習会は受けた方がいいなあと感じました!5年ごとに心肺蘇生の内容が更新されていくんだそうです。🚑